2015年11月13日金曜日

トイガンのスプレー缶塗装には気をつけなければならない。

■トイガン用塗料はスプレー缶ばかり

トイガン用の塗料は、通常スプレー缶にて販売されています。
プラモデルなどよりも単一で消費する量が多いので、ちょうど1丁を仕上げられるくらいの量が入ったスプレー缶での流通が合理的なのかもしれません。
また、作ることがよりも遊ぶことに重きを置いているトイガンでは、なるべく塗装などはお手軽にということでスプレー缶のラインナップが充実しているかもしれません。
ベランダに出てさっと吹いて仕上げられるスプレー缶は確かにお手軽です。
このようにお手軽なスプレー缶ですが、使用時には注意点があります。

■スプレー缶塗装時は、缶を温める

ところがこれからの季節気をつけなければならないことがあります。
気温の低下です。
ガスガンも厳しい季節ですね。
ガス圧が下がって生のガスを吹いたり、ブローバックさせることができないことがあります。
塗装でも同じ現象が起きます。
低温のためスプレーガスが気化せず、ガス圧が低下してしまいます。
ガス圧が低下すると塗料がきれいな霧状にならず、ダマになって塗装対象物に飛び散ります。
ダマになって付着した塗料はそのまま乾燥して、仕上がりに影響します。
もちろんこれからの季節だけでもなく、連続して塗装しているとガス圧はだんだん低下してきます。

これを解消するには、熱湯ではないお湯を張った洗面器などにスプレー缶をつけて温度を上げてやる方法です。
私もかつてはこの方法でやっておりました。
ところが気をつけなければならない点があります。

■スプレー缶を温める際の注意点

熱湯で温めないというのは当然です。
温めるのは風呂湯くらいの温度が良いでしょう。
スプレー缶は、塗装する前に中に入ったビー玉がガシャガシャ音が鳴るように攪拌する必要があります。
特にトイガン用塗料は、顔料や金属粉末など比重の異なる粒子が混在していますので、攪拌は重要です。
ここで注意点です。
塗装の前に缶についた水気をしっかりと拭き取ることです。
攪拌の際に、スプレー缶の底などについた水滴が当たりに飛び散るのです。
床に落ちるくらいなら問題ありませんが、塗装対象物についたら大変です。
攪拌の前に注意深く拭き取れば問題ないのですが、どうしても拭き残しがでます。
私はこれで何度か失敗しました。

■ベランダでの塗装は人目につく

室内でスプレー缶で塗装をするとどうなるかは予想がつくかと思います。
そうなるとベランダやお庭での塗装する必要があります。
当方大阪市内の集合住宅に住んでおりますので、ベランダで塗装することになります。

塗装をするのは夜ですので、ベランダは暗い状態です。
そこで電気スタンドなどを持ち込んで作業します。
明るくなって作業しやすいくなりました。

ところが。。。


暗いベランダで電気スタンドの下、塗装しているとちょうどスポットライトを浴びた状態になります。
夜な夜なアヤシい男がピストルを持ってベランダでうろうろしている。と白い目でみられる可能性があるのです。
もちろん違法なものではないのですが、一般の人からみると物騒なものです。
当初住んでいた部屋が他のマンションから見えない状態だったので問題なかったのですが、引っ越しを機に室内で塗装できる塗装ブースを導入しました。

作業部屋のベランダからの眺め。
違法でもグレーでもないトイガンだけど、外での作業は人目につく
次回、現在の私のトイガンの塗装環境を紹介します。

5 件のコメント :

  1. へーっ!水滴~すごく面白い内容でした。深夜のベランダにピストル持った大人がフラフラ~(笑)
     次回も楽しみです~

    返信削除
  2. ベランダ塗装は色々と気を遣いますよね、分かります!
    夏の夜は窓に虫が集まるし、冬は寒くて泣けてくるし、風が強ければ埃が舞い、風が無ければ吹いた塗料でむせるし、気をつけてたつもりでも手すりにミストが付着したり・・・
    塗装ブースを導入すべきなのかな~・・・

    ちなみに缶吹き時の温めや塗装後の乾燥用に安い食器乾燥機を導入しましたが、なかなか重宝してます!
    温風式ではなく自然対流式でして、amazonのレビューでも大半が塗装乾燥炉としての内容でした(笑)

    返信削除
    返信
    1. あじゃさん
      ベランダ塗装はこれからの時期堪えますよね。
      寒いので、塗料の乾きも遅くなっていいことありません。
      新聞紙の四隅抑えるのも適当な重りがないと、気がつくとせっかくの塗装面に張り付いたり。。。
      うちで使うのはだいたいアルコール系のものが多いので、コンクリや手すりに着いたのは落とせますが、ラッカー系はきついですね。
      塗装ブースいいですよ。
      なにより空調を効かせて明るい環境で作業に没頭できます。
      おっしゃる食器乾燥機、買うかどうか悩んだ時期もあります。
      場所もとるし塗装頻度が少ないのでペンディングですが、やはりレビュー通りの品なのですね(笑)

      削除
    2. あじゃさん
      ベランダ塗装はこれからの時期堪えますよね。
      寒いので、塗料の乾きも遅くなっていいことありません。
      新聞紙の四隅抑えるのも適当な重りがないと、気がつくとせっかくの塗装面に張り付いたり。。。
      うちで使うのはだいたいアルコール系のものが多いので、コンクリや手すりに着いたのは落とせますが、ラッカー系はきついですね。
      塗装ブースいいですよ。
      なにより空調を効かせて明るい環境で作業に没頭できます。
      おっしゃる食器乾燥機、買うかどうか悩んだ時期もあります。
      場所もとるし塗装頻度が少ないのでペンディングですが、やはりレビュー通りの品なのですね(笑)

      削除
  3. hajimeさん ご無沙汰しております。自意識過剰かもしれませんが、深夜にベランダで物騒なもの持ってウロウロしてるとアヤシイですよね。やはり居心地は悪くなります。この趣味を長く続ける上では重要です。

    返信削除