2015年4月1日水曜日

モデルガンのブルーイング再入門-4-ブルーイングに必要なもの

◆ブルーイングに必要なもの

ブルーイングする際に使うものはカスタマーそれぞれによって違いがあります。
私も試行錯誤の日々ですので、ホームセンターや百均に立ち寄り、使えそうな新たな道具を導入することもあります。
使えないもの、なくてもいいものばかりですが、そんな中から採用されたものを紹介します。


◆紙やすり

なくてはならないものです。
番手は

・240,320番

刻印を消し込むときや、下地をしっかり研磨する必要があるときだけ使用します。
研削力が高いうえに、傷が残りやすいので、あまり力を加えず使用しなければなりません。
水を付けた研磨をすると、傷が残りにくく目が詰まりにくいです。

・400,600番

刻印を残したい場合は400番からスタートします。
ただすぐに目詰まりしますので、頻繁に変えるか、水研で研削します。

・800,1000番

600番くらいまでは、研削後のHW樹脂は艶消し程度ですが、800番くらいから金属感が出てきます。
1000番ではよりつるつるしてくることでしょう。
ここで磨いた後にスジができる場合は、おそらく400番あたりの磨き残しです。
このまま磨いても傷は消えませんので、あきらめて400番あたりからやり直します。
その方が最終的に手間がかかりません。

・1500,2000番

これはおまじないかもしれません。
1000番あたりで止めてもいいかもしれません。
私はもちろん2000番まで研磨します。

・4000番

これは通常の耐水ペーパーではラインナップされていないんじゃないでしょうか。
エメリーペーパーというものでこの番手がありますが、かえって仕上がりが良くなかったです。

◆サンディングブロック

・タイラー

モデラー御用達のサンディングブロックです。
これは異なった番手のペーパーが貼り付けられたものですが、800番までしか番手がありません。
使い終わったペーパーを剥がし、同じサイズに切ったペーパーを貼り付けて使用します。







・バルサ板

バルサ板は柔らかいので、細かいところ、複雑な面の研磨にはもってこいです。
バルサ板にペーパーを貼り付け、任意のサイズに切り出し使用します。

・金属棒

私はアルミの棒に液体ゴムをつけ、それにペーパーをまいて曲面の研磨に使用しています。
金属に直接ペーパーをまいてもいいのですが、接地面が少なくなり、研磨面がすぐに目詰まります。
クッションとなるように液体ゴムを塗った棒を使用しています。


◆研磨用ナイロンパッド

これも気休めです。
柔らかい素材が、研磨の際に刻印のエッジ部分をなめてしまうので、刻印のある面には使用しません。
ただ、G・SMITH・Sではこれがブルーイング用品として販売されています。
こちらの研磨パッドはしっかりしていますので、そこまで神経質になる必要はないでしょう。
紙やすりと違って傷がつきにくいので、ブルーイング初心者には使いやすいでしょう。

◆真鍮ブラシ

これはなくしてはブルーイングできません。
ただホームセンターの塗装コーナーにあるような、ブラシでは毛が固すぎます。
「コワザブラシ」として売られているのが最適です。


そのほかにもプラモデル製作グッズなども、よく考えられたものがあります。
必要に応じて加えていくと良いでしょう。












0 件のコメント :

コメントを投稿