2011年2月2日水曜日

完成です。~CAWモデルガンベース戦前ナショナルマッチ

Dsc_2988


昨日の続きでCAW製モデルガンベースの戦前ナショナルマッチです。


【送料無料】 CAW US ARMY M1911A1 ガバメント ミリタリーモデルof1943 HW プレーン モ...

Dsc_2989


早速ですが、細部を見ていきましょう~。


Dsc_2997


まずはバレル周辺です。


オートマチックは、平面が多く、リボルバーのように研磨の邪魔になるものが少ないため、注意深く研磨しないとうっかりエッジを丸めてしまいます。とくにガバメントはスライド・フレーム先端は平面の面積が少ないため、エッジを丸めてしまいがちです。


Dsc_3003


フレームもこの辺りは様々な曲面が入り組んでいます。しっかり研磨しないと染まらなかったり、傷が残ったりしますので、神経を使います。


Dsc_3010


スライドの刻印です。実銃画像よりトレースして、書体やバランスなど調整しています。トリガーガードの三角地帯にも実銃同様のプルーフマークを刻印しました。実銃はスタンプでバンと押してあり、印影もつぶれ気味ですので、こちらもちょっと深めに彫りました。一部、亜鉛粒が影響したところもありますが、この辺りでご勘弁を。。。


Dsc_3006


コマーシャルモデル、ナショナルマッチはこちら側に馬がいます。「矢」の角度はいくつかパターンがあるようです。「COLT」の文字は他より太く彫られていましたので、こちらも忠実刻印しました。


Dsc_3009


少し移動して「NATIONAL MATCH」の文字。コマーシャルモデルにこの文字列が加えられています。シリアルは実在するものを彫り込みました。刻印のズレも忠実に再現しました。あと、小さいですが、トリガーガードの三角地帯の「60」の文字。この部分に彫るのはコンマ何ミリ単位の機械の調整が必要でした。


Dsc_3014


頼もしいマズルフェイスです。ミリガバのままだと無骨ですが、ブルーイングによってちょっとだけスマートに見えます。


Dsc_3021


以上、CAWモデルガンベースの戦前ナショナルマッチでした~。

5 件のコメント :

  1. うわーっすごい~いいな~これ~
    うっとりして溶けちゃいます(とろ~り 溶けた!) CAW製ベースだとスタイルいいですね~
    隙のない仕上がりで「上手いですね」とかの域を超えていて見ていて気持ち良いです~
    「真似してなんとか」とか全く思わないぶっちぎり感がいつも思いますが凄いです
    いつか現物見てみたいです~

    返信削除
  2. トップ画像!一瞬、2011年1月号のGun誌の表紙を思い出してしまいました。
    角度、色合いなど・・・ビンセントさん、意識しました?(笑)
    細部まで、まったく妥協のないカスタムに、ため息です。今頃、精魂尽きて果てているのではないでしょうか?
    さらに、次回依頼予定作への期待が高まります。
    本当にありがとうございます。
    いや~・・・本当に参りました。

    返信削除
  3. ガバのフレームは大変ですよね~それをこんだけ綺麗に仕上げるのは凄いです。
    亜鉛粒にはこの前自分も泣かされました…HWSのNMAのバレルに特大のがひとつ…
    CAW製には特に多いとか聞いたことがありますがどうなんでしょうか?

    返信削除
  4. お久しぶりです!
    相変わらず、素晴らしい仕上がりですね!!
    ガバメントのツボをしっかり押さえていると思います。
    おっしゃるとおり、曲面と平面の交わる稜線(エッジ)の仕上がりが、とても大切ですね。
    それから、コマーシャル・ガバメントのポリッシュされた美しさは、軍用モデルのカッコよさとはまた違った味わいがあると思います。
    ビンセントさんのセンスとスキルには、本当に感服いたします。

    返信削除
  5. ビンセント2011年2月7日 8:13

    皆さんコメントありがとうございます。
    hajime さん
    CAWからガバが出るときは、これをベースにすれば良いカスタムができるんじゃないかと思っていました。
    それがやっと実現してほっとしています。
    ”ぶっちぎり感”お褒めの言葉ありがとうございます。
    その言葉を糧にこれからもがんばります!
    アメカジ67さん
    ずいぶんお待たせして申し訳ありません。
    しかもとんだ失態を。。。
    申し訳ありません。
    到着までもうしばらくお待ちください。
    お察しのとおり、完成した後は、ちょっとだけお酒を飲みながらしばらく眺めていました。
    何とも言えない達成感がありました。
    volvoさん
    ガバメントはスライドは比較的簡単ですが(といっても油断したらダメですが。。。)フレームは結構大変ですよね。
    研磨する順番を間違えると、エッジがだれてしまいます。
    CAWはこのガバしか磨いていませんが、スライド2本とも亜鉛粒は結構多い方ですね。
    昔のマルシンのP38程ではないですが、それに近いものがありました。
    でもよい色に染まるので、刻印位置などを考えながら作業すれば問題ないですね。
    やっくんさん
    ご無沙汰しております。
    実はやっくんさんに以前の送って頂いたイラストが、とても参考になったんです。
    気をつけるべき箇所が詳細に示されていました。
    使い込んだパーカーのミリガバもかっこいいですが、ピカピカのコマーシャルタイプも捨てがたいですね。

    返信削除