2010年7月14日水曜日

HWSのモデルガンM19 6インチブルーイング

Dsc_2496_2



以前より作業していたハートフォード製のモデルガンS&W-M19-6インチが完成しました。



2.5,4インチは作成したことがありましたが、この6インチは初めてです。こうしてみるとスマートが格好いいですね。



Dsc_2523



先日化粧直ししたグリップです。少し艶がきつい気もしますが、ブルーイングとの相性は悪くありません。チェッカリングを彫りなおしたせいもありますが、結構綺麗に仕上がったんではないでしょうか。まるで新品のよう!とまではいきませんが、汚れも落ちて気持ちいいです。



Dsc_2519_2



こちらは先日動画をアップしたフレームラグ部分です。スウィングアウトしたシリンダーとがっちり咬んでいます。このグリップはスピードローダーの切り欠きがないタイプですね。握った感じは変わりませんが、切り欠きがないだけでボリュームがあるように見えます。



Dsc_2533



フレームラグ部分を正面から撮影しました。今回のM19はカウンターボアード仕様のシリンダーですので、フレームラグは1段です。HWSのKフレームモデルガンの残念なところはトリガーガードの形状です。もちろん今回の作品は修正済みです。



Dsc_2541_2



無駄な部分をそぎ落としたバレルは、それだけで気品を感じます。



Dsc_2542



フレームのサイズは同じですが、このあたりを見ても4インチとは別物に感じますね。サイドプレート、アドレス部分は刻印し直しています。



Dsc_2528



バレル、フレームトップ、Kサイトはそれぞれ面出しした後、マットブラックに塗装しています。ブルーイングの艶とマットブラックのコントラストがバレルをよりスマートに見せます。



Dsc_2510



このサイトを開設してしばらくはリボルバーばかりでしたが、ここのところはオートマチックばかり。久しぶりのリボルバーは作業していて新鮮でした。塗装では表現できない質感がブルーイングにはありますね。








0 件のコメント :

コメントを投稿