2010年6月18日金曜日

完成~マルシン製モデルガン、ワルサーPP初期型~

Dsc_2061 モデルガンワルサーPPがついに完成しました。ベースとなったのはマルシンから販売されているマルシンから販売されているHW樹脂製のモデルガンのPPですが、旭工房さんで色々カスタムがされています。こちらではセフティレバー、ハンマーの造形、バレルの延長、刻印、ブルーイングを担当しました。


実銃のワルサーPPが発表されたのは1929年のドイツです。


今回はこの年に製造された実銃の特徴をモデルガンで再現すべく、作業しました。


諸説があるようですが、発表の年のシリアルナンバーは「75××××」代だそうで、今回は、資料が用意できた「751452」番としました。


Dsc_2054


↑プルーフマークなども実銃どおりです。これはCAW製モデルガンのワルサーPPKと同じですね。


Dsc_2050


初期型の特徴ですが、セフティレバーが90度回るようになっています。また、リアサイトもドブテイル加工されたものが別パーツ化されています。この2点は旭工房さんカスタムです。うちではセフティレバーの拡張、ハンマーの溝埋め加工を担当しました。


Dsc_2055


マガジンボトムも加工されています。こちらも旭工房さん作。うちは刻印のみ担当です。


Dsc_2067


若干バレルが飛び出しているのがお分かりでしょうか?だいたいのオートマチックピストルは、バレルがスライドより少し長いですが、初期タイプのPPはその特徴が顕著なようです。バレルの途中で切り、樹脂の輪を入れて延長しています。スライドオープンしても見えない位置で継ぎ足しています。(インサートはそのままです)バレルは整形後、モデルガン用塗料で塗装後、磨いています。


Dsc_2045


スライドの刻印部分です。マルシンのものはくっきり入っていましたが、全部削り落とし、初期型の文字を入れてあります。ワルサー社の所在地、特許表示、モデル名などです。こちらの写真の方がバレルの長さが分かりやすいですね。


Dsc_2060


ワルサーPP、PPKは長年にわたって複数のメーカーで製造されていますが、形状も大きく変化はありません。


しかしパーツ・刻印などそれぞれ特徴があり、それを調べるのもおもしろいものです。


今回は実際にモデルガンで再現したわけですが、とても作業のしがいがありました。ワルサーP38と違って、シンプルな直線と曲線で形成されたそのシルエットは、無駄なものがほとんどなく美しいです。今回ブルーイングしてみて改めてそう思いました。サイズもコンパクトで場所をとりませんし、手近なところに飾っておきたいモデルガンですね。当サイトでも年代・刻印などのいろいろなバリエーションの、ワルサーPP
を増やすために多めに在庫を確保したいところです。


















6 件のコメント :

  1. リンク有難うございましたー。自分もいまPPKをいじっているのでこの写真に近づけるように頑張ってます。マルシンの刻印はすごく深いですよね…自社ロゴはもっと薄くていいのに^^;

    返信削除
  2. やっと新しいPCが稼動し始めました・汗
    セーフティー、ハンマー、バレル長・・・みんな私のワガママです・大汗
    それだけではなく・・・シリアル№の僅かなズレまで再現してある・・・
    最初、セーフティーとハンマーの形状が実銃と違ったと知った時は諦めが過ぎりましたが・・・
    よくぞ、ここまで再現していただけました!!!!
    ブルーイングも鉄を思わせる艶と色・・・まさに芸術的な美しさで造形されていた初期型にピッタリ!
    手にするのが待ち遠しいです♪
    本当にありがとうございました!
    いえいえ名残惜しいでしょうから・・・送っていただくのは、もう少し後でも・大汗

    返信削除
  3. なんでこんなにスベスベになるんでしょう。
    最初の頃のMKKハイパワーあたりの掲載文をみてもまだわかりません。
    拡大して見ましても凄〜く美しいです!
    またご教授ください。

    返信削除
  4. 今晩は!よっしーです
    完成の御写真、何度も見ては溜息ばかり・・・
    まさに実銃のそれですね
    素晴らしい造形美と仕上げです
    PP&PPK魔人のobiさんが羨ましい~

    返信削除
  5. ��volvoさん
    こちらこそリンクありがとうございました。
    誰が仕上げてもある程度同じ結果の塗装と違って、ブルーイングは個性が出るところですね。
    ��PKはマルシンですか?アップルですか?
    楽しみですね。
    確かにマルシンのライセンス許諾の刻印は深いですね。
    ブルーイングの時は刻印を削り取らないとダメのなので、苦労するところです。
    ��obiさん
    お待たせしました。
    了解しました!と気軽に受けましたが、あれこれ考えなくてはいけないカスタム内容でした。
    でもサンプル写真には限りなく近づいたと思います。
    シリアルナンバーは少し深め太めにして、打刻した雰囲気を狙ってみました。
    ハンマーの溝を亜鉛合金の粉末で埋めた後もブルーイングできたのは自分でもびっくりしています。
    もうしばらくお待ちくださいね~。
    ��とさん
    複数コレクションしていらっしゃる方は、最初の頃より金属感が増しているって言われます。
    ブルー液はGスミスかアルミブラックで同じですが、染め方を変えているからです。
    写真は実物より拡大されてしまいますから、どうしてもアラが目立ってしまいますので、写真を撮ってから修正することもしばしばです。。。(写真の修整ではなく実物の方です)
    ��よっしーさん
    コメントありがとうございます。
    古い銃なので、本当ならビンテージ風の仕上げがよいんでしょうけど、プラスチックへのブルーイングでそれをすると汚いだけなので、レプリカということで。
    ドイツ銃大好きのobiさんですので、心して作業しました。

    返信削除
  6. ビンセントさん ありがとうございました!
    我が家の家宝がまた1つ・・・
    ん!?・・・よく見ると・・・
    マガジンも刻印していただけたのですね!!
    うぉ~!!初期型の刻印で時代考証もバッチリです
    いゃあ~魔人の私としたことが見逃しておりました・汗
    私が気づかなかった所もフォローしていただけて・・・
    さ・す・が!!!
    魔人 大喜びでございます~♪

    返信削除