2009年6月30日火曜日

タナカのガスGUNブローニングハイパワー刻印版下作成

Img_0135_2



今回は、当ブログにリンクして頂いてる、よしむねさんのハイパワーです。



「作業途中もバンバンアップしてください!」とのことですので、遠慮なくお見せします。



といっても作業途中は机の上は散らかってるし、ブルーイング途中の物は正直汚いです。



何より、作業が終わった後は精魂尽き果ててますしね。。。





そんなわけで、実際にブルーイング作業に入る前の、比較的散らからない今のうちに書いておきますね。



今回も、最終的にはブルーイングで仕上げる予定ですが、本体への加工はまだです。











さてさて、今日はあまり途中では触れない。 刻印 。 についてです。



写真は、。 刻印 。 のデータを作成し、。 ABS。 板への試し彫りが終わったところです。



今回も実銃の写真を頂いていますので、それになるべく忠実になるようにデータを作成しました。



ただ、いくらリアルなタナカのハイパワーとはいえ、寸法は実銃とは異なります。



これから実際にタナカのパーツと併せて、細部は詰めていきます。



通常。 刻印 。 するときは、試し彫りも数度行うことも珍しくありません。



その都度データを修正し、追い込む試し彫りの工程は欠かせません。



文字部は似たフォントを選んでいます。



ただ、そのままデータを流しても上手くは行きませんので、刻印 に適したデータになるように最適化しています。



各プルーフマークはそれぞれ、写真をトレースし作図しています。





今回予想以上にデータ作成に時間がかかったのは、このプルーフマーク。



モノが小さいため、写真にはなかなか写らない部分も多く、判読に苦労しました。



まぁ、何とか形になったんじゃないでしょうか?



(なお、文字などは別にして、プルーフマークはそれぞれに意味があるんでしょうが、恥ずかしながら分かりません。)















さて、刻印 データもできたことですし、ブルーイング作業に入ります。






0 件のコメント :

コメントを投稿