2009年3月21日土曜日

HWSのモデルガンM10-2インチ刻印・ブルーイング完成2

Dsc_0061



時間ができたので、再度写真を撮りました。



今回のブルーイングは、従来と若干レシピを変えています。この方法は、作業時間がかなり多くなりますが、より金属感が増す印象があります。



Dsc_0068 カートの写り込みカットです。今回はシリンダー後ろ面もブルーイングしています。



Dsc_0071 天井の蛍光灯の明かりで撮影したものです。これが実際の見た目に近いと思います。



忘れられがちな、ビス、エキストラクターロッドもブルーイングしています。今まではポン付けする場合が多かったですが、今回よりブルーイングです。ビクトリーは通常の S&W  リボルバー より、ビスが2本多く手間もかかりますが、仕上がりに大きく貢献してくれました。





今回の仕様は次の通りです。



■仕上げ



・フレームシリンダー→ポリッシュブルーイング



・ハンマー・トリガー→ケースハードゥン風フィニッシュ



・ヨーク、サムピース、ビス、エジェクターロッド→金属ポリッシュブルーイング



■カスタム箇所



・フレームラグ→新規作成



・バレルピン→スチール棒をブルーイング後挿入。



刻印 



・サイドプレート、アドレス→ブルーイング後罫書き刻印 。







Dsc_0024_2少し前に仕上げていました。



今日は時間がないので、ちょっとだけ。。。 



Dsc_0038記事と残りの写真は後日アップします。



Dsc_0092 ネットでビクトリーの画像を探していました。でも、出てくるのは4,5インチばかり。。。はたして2インチはあったのか?とまで疑問に感じました。そんなときに出会った書籍。



「U.S.HANDGUNS OF WORLD WAR2」です。ここの表紙にビクトリー2インチが写っていたのです。



Dsc_0095 とういうわけでランヤードリングをつけ、実在するシリアルも刻印 してみました。



シリアルを刻印 する際に気づいたのですが、HWSのビクトリーのランヤードリング取り付け位置は、グリップエンド後方よりです。



これではシリアルが刻みにくいなぁと、他の文献をあたっていると、取り付け位置は前方寄りが正解のようです。どのみち、この2インチにはリング穴がないので、実銃と同じくらいの穴をあけ取り付けてみました。








0 件のコメント :

コメントを投稿