2007年4月25日水曜日

レディスミス~めざせ完全版~



Dsc_4579_9


レディスミス~めざせ完全版~


1989年、S&W社は女性を対象に「Ladysmith」のロゴをあしらった護身用のGUNを発売しました。


日本でもその  モデルガン が、コクサイ=サンプロから発売されていました。ただこの  モデルガン は、普通のM36にロゴを彫っただけのものです。しかもこのロゴも一筆書きでフォントも不正確で太く彫られていたような記憶があります。


日本で現在入手できるチーフの  モデルガン は、実銃の比較的初期のものがモデルアップされています。バレルピンやグルーブ付きのナロータイプのトリガーなどがその特徴です。しかしレディスミスとして発売された頃のチーフは、製造過程の合理化、技術の進歩、市場のニーズなどにより、これら2カ所の特徴はすでに変更されていました。


そこでこれらの時代考証も踏まえ、HWS製のチーフをベースに完全版に近づけるようレディスミスを製作してみました。(現在3インチも製作中です。ご期待下さい。)


Dsc_4575_1刻印  研磨に伴い消えてしまう刻印 はすべて再刻印 してあります。今回はGUN誌 95年3月号に掲載のものを参考にトレース打刻しました。


目玉の「Ladysmith刻印 以外にも、バレルの口径表示は「.38S.&W.SPL.」、ロゴも現行タイプです。


●グリップ グリップは実銃同様アルタモントのウッドマイカルタを取り付けてあります。ポリッシュブルーと良く合います。


●その他 バレル基部のピンは切削、トリガーはワイドスムースタイプのものを取り付けてあります。




Dsc_4586_1 ●仕上げ 今回のものもしっかり皮膜を作り、念入りに磨き込んでいますので、シリンダーもしっかり写り込んでいます。マズルフロントサイト、シリンダー前後はマットブラックに染めてあります。トリガー、ハンマーはケースハードゥン風フィニッシュです。


Dsc_4588_1 お腹側です。レディスミスの刻印 側の写真はまだありませんが、端に写っている刻印 部分から雰囲気がだいたい分かっていただけると思います。


R0010336_1 「Lady Smith」の刻印 部分の接写写真です。もう少しロングショットで撮影したかったのですが、ブルーイング表面と刻印 部分の撮影はなかなか難しく、両方がきれいに写ったショットが撮れませんでした。刻印 部分に入れたアクリルガッシュの白が、ライティングで飛んでしまうからです。


今日は時間があまりないので、これくらいに。


後日改めて、アップします。








0 件のコメント :

コメントを投稿