2006年10月6日金曜日

S&W M439モデルガン再び【予告編】

Dsc_3673 皆様、ご無沙汰しております。ブログすっかり放置しておりました。更新するのが難しいくらい、作業にいそしんでいたわけでも、新しい企画を練っていたわけでもありません。色々バタバタしておりました。時間はあったんですが、精神的ゆとりがありませんでした。


さてさて、言い訳はこのくらいで、次のネタは再び マルシンの439です。前に取り上げたことあったんですが、今見るとブルーもいまいち、その他ディテールなどもう少し追い込みたいところがあったので、新規に作成しました。何より前のはフレームが折れてしまってます。


※じっくり写真を撮る時間がないので、今日のは予告編です。詳細は後日公開予定です。


いつも通りのブルーイングです。その他カスタム箇所は。。。


Dsc_3679_1


1.エキストラクター新造 モールドのエキストラクター部分を削り取り、内蔵のエキストラクターへ、HW樹脂から削りだしたエキストラクターを貼り付けています。チェンバー切り欠きにちゃんと覆い被さっているのがわかると思います。仕組みは後日公開です。


2.スライドトップ塗装 スライドトップもきちんとブルーイングしていましたが、サンドブラストな実銃写真が気になったので、マットブラックに塗装し直しました。リアサイトも研ぎ出し後、同様に処理しています。


3.バレル塗装 食いつきの良いシルバー塗料をプライマー代わりに塗装、その後Feで塗装し、磨きだしています。


4.木製グリップ ローズウッドの木材から新規に作成しました。これも詳細は後日です。


Dsc_3676










それでは次回をお楽しみに。



0 件のコメント :

コメントを投稿