2006年8月24日木曜日

ミリポリ2インチ完成


●ミリポリ2インチ ブルーイングフィニッシュカスタム内容


Dsc_3548 やっとこさ完成です。パーツをすべて組み込み、リアルなHWSのカートを入れると重量感満点です。ビクトリー4,5インチよりはバレルの長さ分軽くなっているはずですが、重量バランスの関係でしょうか、ずっしり感はこの2インチの方が上だと思います。


どうですか?なかなか素敵なGUNだと思いません?


 


Dsc_3549 全体のバランスは4インチや5インチの方がいいでしょうけど、スクエアバットのフレームと短いバレル、半月型のフロントサイト、このアンバランスさがこのミリポリの魅力だと思います。




 


 














Dsc_3551 かなりアップの写真ですのでアラも大きく表示されてしまいますが、ご容赦を。クラシカルなイメージを大事にしたかったので、刻印 は新橋銃砲玩具店さんにて入れてもらいました。以前、作成したM19のサイドプレートもこちらで刻印 していただきましたが、あまりに仕上がりがきれいだったので今回もお願いしました。刻印 データはこちらで用意しましたが、細く細かい刻印 は、レーザー刻印 機のなせるワザです。通常の民生用の刻印 機ではここまではきっと掘れないでしょう  


Dsc_3562 マズルとシリンダーにはインサートが見えます。HWSビクトリーのカートはかなりリアルですので、シリンダーインサートがない方が格好いいんでしょうけど、仕方ありません。HWSビクトリーはフレームとヨーク上部のエッジがシュラウドのあるM19のままの位置にありますので、切削修正しています。その際もエッジが立ちすぎるとこのミリポリの魅力半減ですので、適度に丸めてあげます。


 


Dsc_3556 エキストラクターロッドはM19の2.5インチのものを使っていますが、それでも0.5インチ分長いです。エキストラクターロッドそのものを加工するのは至難のワザですので、内部のワッシャを短縮することで解決しました。


 


Dsc_3558 今回はブラックモデルをベースにしましたが、リアサイトの溝部分やフレームのヨーク収納部分などマットブラックにしておきたいところは、塗装を落とさずそのままにしてあります。






  


 


Dsc_3560 サイトビューです。バレルが短いですね。でもスナブノーズ好きです。




 




 




 










Dsc_3554途中で他の作業を進めたりしましたが、完成まで2週間ほどかかりました。あっちを削ればこっちが足らないとかパーツが合わないとか、作業中いろいろ問題が多く変な汗もかきましたが、完成すると喜びひとしおです。以前から作りたいと妄想ばっかりしていた物を、今こうして手にすることができて単純にうれしいですね。




 




Dsc_3565最近の映画はクローンガバやポリマーフレームの多弾倉GUNばかりが出てきます。確かに頼もしくて格好いいのですが、戦う美学というのは、リボルバーで寸図まりで小口径のこのGUNの方があるのではないでしょうか。このような銃が主役を張っていた昔の映画の方が、ガンエフェクトが発達している今の映画より、1発の重みがあったと思います。


さて、このミリポリ片手に『刑事ジョン・ブック/目撃者』でも観ましょうか。




0 件のコメント :

コメントを投稿