2006年7月4日火曜日

ブローニングハイパワー無事完成ブルーイング

Dsc_3218_1


Dsc_3213_1 2週間ぐらいかかりました。やっと完成です。といっても途中で脱線したり、作業をさぼったりしたので、実質の作業時間はもうちょっと短めです。でも体感時間はかなりかかった気がします。





その後の作業はバレルの塗装とグリップの仕上げくらいです。バレルは、「Fe」で塗装後、ペーパーとブラシでポリッシュしてあります。手元の資料のどのハイパワーのバレルも、シルバーポリッシュされてるので、その雰囲気は出てると思います。ブルーイングとのコントラストもいい感じです。



Dsc_3231_1








Dsc_3214






Dsc_3236





Dsc_3220 写真も何枚か撮り直したのでアップします。グリップは数回のニス塗布をペーパーがけをはさんで行い、最後はピカール→もっと細かいコンパウンドで磨いて艶を出しています。




さて、このハイパワーセンターファイアーになってその発火性能は目を見張るものがあります。多少の調整が必要ですが、それさえ行えば、13連発なんて余裕です。もう一丁発火専用にしてるハイパワーがありますが、 ベレッタ 並に快調です。


しかし。。。


ブローバックと共にスライドのオシリがわずかに持ち上げられるのか、スライドの溝に沿ってヒビが入り、ついには割れてしまいました。金属ピンと瞬接で補強してるので、もう大丈夫ですが、しばらくは寝かせたままです。最近はブルーイングばかりに時間を取られて発火させる時間がありません。




天才ジョン・ブローニングの遺作。ハイパワーこれにて終了。


0 件のコメント :

コメントを投稿